女装に挑戦した話と女装の経歴と幼い頃のお話。

私は小さい頃から女装が好きでちょこちょこ女装をしていました。

なので今更挑戦したというのも違うのかなと思いましたが今回は女装についての話をしていきたいと思います。

幼い頃の女装

私が初めて女装に挑戦したのは小学校5年生くらいの時です。

その時は女装をすることに対しての罪悪感はありましたし、女装と言っても親の洋服を勝手に着るくらいの感じでした。

そしてその女装はエスカレートしていって、自分で布を買ってその布でスカートを作って着るようになりました。

しかもそのまま外に出歩くこともしていました。

出歩くといっても早朝だったので人は全然いませんでした。

ですが今考えるとよくあの格好で外に出られたなと思います。

化粧をするわけでもなく髪が長いわけでもありません。

ただスカートを作って着ただけです。

そんな幼少期を過ごしていました。

本格的に女装をしたのは大人になってから

もともと私は女装癖があるというよりかは、好奇心が旺盛過ぎて女装をしてみたいと思う気持ちの方が大きかったです。

なのでその後はほとんど女装をすることなく大人になるまですることはありませんでした。

そしてなぜか大人になってからまた女装がしたい欲が強くなってきてふとしたきっかけで始めることになりました。

それからというもの結構しっかりとハマってしまって結局二年くらいは続けることになりました。

とはいっても頻度はそこまで多くなく、したい時にだけするという日々が続きました。

女装をする日々は刺激的

とにかく女装をすることは刺激的でした。

最初は普通に家の中で女装をするだけで満足していたのだけどだんだんとエスカレートしていって外出したりとか買い物をしたりとかどんどん新しいことに挑戦するようになりました。

それも完全に好奇心です。

性的興奮もしていましたし、ムラムラしたいから女装をするときもありました。

しかし不思議と女装をすると、そんなにムラムラすることはありませんでした。

確かにムラムラはしているのだけど、想像するほどではなくて普通に女装を楽しんでいました。

しかし常にドキドキする感覚はありましたし、バレるかもしれないという緊張感がたまらなく大好きでした。

一番興奮したプレイ

女装をして一番興奮したプレイというか、興奮したのは女装をしたままのお漏らしでした。

実際はお漏らしプレイではなくて単純に漏らしてしまったのです。

女装をしているとなかなかトイレがなかったりするものです。

男性用トイレに入るのは、

「私は女装をしています」と公言するようなものですし、女子トイレに入るのは犯罪になってしまうので絶対に出来ません。

なので入るとすれば男女兼用トイレか多目的トイレしかありません。

しかし案外多目的トイレが見つからなくて、散々歩き回った挙句に普通にお漏らしをしてしまいました。

しかも物陰に隠れてするとかではなくて堂々と道を歩いている時にお漏らしをしてしまいました。

幸いにも周りに人はいなかったのでバレたりはしなかったと思いますが、すごい恥ずかしかったです。

恥ずかしかったけど本当に興奮してしまいました。

お漏らしの快感とともに女装をしているドキドキ感が入り混じって、本当に興奮してしまいました。

それが女装をして一番興奮したプレイです。

最後に

今回は長くなってしまったのでこれで終わりにしますが、女装を始めた経歴はそんな感じです。

私にとって女装は最高に興奮する趣味という感じです。

これからも女装はちょこちょこしていきたいと思いますし、女装の記事はどんどん上げていこうと思いますのでよろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です