女装男子が女性っぽく見えるようにする為のメイクのコツ

女装をする時に欠かせないのはメイクです。

初めて女装する時ってもちろんなのですが、メイクをすることも初めてです。

ですから右も左も分からないと思うので、今回はメイクのコツについてお話ししていきたいと思います!

揃えておいた方が良いメイクはこちらに書いてあるので参考にしてみてください。

引き算メイク

女装メイクは普通のメイクとの一番の違いは、

  • 女性のメイクは足し算
  • 女装のメイクは引き算

ということを覚えておくと良いです。

女性って顔に凹凸がないので、出来るだけ目立つようなメイクにすると美しくなります。

鼻筋を通したりするのは出来るだけ凹凸があった方が綺麗だからです。

ですが女装メイクの場合は、

男性はもともと顔に凹凸があるので鼻筋を通したりすると余計に男性っぽく見えてしまいます。

ですから逆に凹凸を無くすメイクをすると良いです。

窪んでいる所を明るくして浮き立たせて、

出ている所は逆に暗いメイクをして、へこませるというイメージです。

コンシーラーを上手に使おう

女装メイクにとってコンシーラーは凄く重要になってきます。

女装で一番気になってしまうのは、ヒゲが生えるところは青くなってしまうのでどうしても男性っぽく見えてしまうものです。

しかしこのコンシーラーを使うと綺麗にその青くなってしまっている部分を消す事ができます。

女性っぽさってやっぱり肌のきめ細やかさだったり、透き通った肌だと女性らしく見えるものです。

きめ細やかで透き通った肌にするためにはやはり男性っぽいところをこのコンシーラーで消すと良いです。

ヒゲの部分だけじゃなくてもきになるところはコンシーラーを使うと全然違うので是非試してみてください。

肌が黒く見えてしまう部分に塗っておくのがオススメです!

化粧はノリが良いものを選ぶ

お化粧をしていて一番大事になってくることは化粧のノリです。

化粧のノリが悪いと浮いてみてしまったり、最悪剥がれてしまったりします。

そうなってしまうとせっかくお化粧をしても、男性っぽく見えてしまいます。

最初はなかなかどうやって化粧をすれば良いのか分かりませんし、自分に合う合わないがあるのでそれを見つけるまでは大変です。

化粧品のメーカーによっても全然変わってくるので、自分の肌に合ったものを探してみましょう。

ノリが良いか悪いかってすぐに分かります。

一番大切なのは化粧下地とファンデーションです。

その二つの相性もありますので色々組み合わせを試してみると良いです。

私は化粧下地の時点でやっぱり結構違いますし、そのあとにファンデーションを付けてみるとすぐに分かります。

全然肌に馴染まないのでそういう時はもう何をやってもうまくいかない時があります。

ですので色々試してみると良いでしょう。

眉毛はかなり重要

女装メイクで重要なポイントは眉毛です。

もちろん全て大事なのですが、眉毛って意外と疎かにしがちなポイントですが本当に全体の印象が変わってきます。

眉毛をしっかりと整えて眉尻をちょっと下げた方が優しい印象になります。

そして一番大事なのは、眉毛はアイブロウで茶色にしておくとふんわりしたイメージになりますのでアイブロウをしておくと良いです。

男性よりも細くて輪郭がハッキリしているとより女性らしく見えます。

チークは明るめにする

ファンデーションを塗った後にもまだ女性らしくなってないことはあります。

そんな時にはチークをしましょう。

明るめのピンクにすると頬が明るくなって血色が良くなるのでオススメです。

チークを塗るときのコツは、

頬の上の方は濃いめに塗って下の方を薄くすると可愛らしく見えます。

もともと血色が良い人は頬の上の方だけでも良いです。

一番頬骨が出っ張ってるところを中心にチークを塗る感じだと綺麗に見えます。

それだけじゃなくて、「血色が良くないなぁ」と感じる時には、おでこだったり鼻にもチークを塗ると鮮やかに見えますのでオススメです。

でも塗りすぎると化粧の濃い人になってしまうので気をつけましょう。

まとめ

メイクは美肌で透き通った肌になるとすごい女性らしく見えるものです。

一番たいせつだなぁって思うのは顔の肌の血色です!

血色が良くなっていると女性らしくなっていくので、普段からメンテナンスとメイクの時にピンク色だったり、明るい色をたくさん使うことでキレイな肌に仕上げる事が出来ます。

なかなか隠せない部分もあると思いますが、出来るだけ色が浮かない程度に明るめのメイクにする事で男性らしさが消えて、女性っぽく見せる事が出来ます。

是非参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です